医学部はなぜ人気?

医学部はなぜ人気?

医学部はなぜ人気? 医学部の募集人員は年々増加され少子化で大学の受験者数は減っていますが、医学部だけは別で年々受験者数が増え人気が有ります。
日本社会全体の景気は良くなったと言われていますが、実際の経済状況を良くなったと感じている人は少なく、安定した
職業に付きたいと思う方が増えていることも要因の一つです。
医師になれば経済的な安定と社会的地位が保証されていると考えている方や、弁護士、公認会計士と言った難関の国家試験に合格しても安定した職につけないと言った方も増えていますが、医師だけは未だに人手不足な状態が続きこの状況は当面解消されません。
実家が医者の場合は親が自分の子供に後を継がせたいと思い受験させますが、一般の受検者が増えたことも特徴になっています。
一般サラリーマンでも子供を安定した職業につかせたいと考えるのは親の常でそのため医学部に入学させ医者を目指す人が増えています。
このような状況は今後も続くと予想され、医学部の人気が衰えることは無いでしょう。

医学部を受験する理由は何か特徴があるのか?

医学部を受験する理由は何か特徴があるのか? 医学部を受験する受験生というと勉強ができる頭の良い生徒というイメージでしょう。医学部を受験する理由も様々です。一番多いのが父親か母親のどちらかが医者だというものです。父親が医者で母親が看護師だったというケースも多くあります。そのような家庭に生まれ育って来た結果、子供のころから将来医者になるべく塾に通ったり家庭教師をつけて勉強したりというケースが多いでしょう。両親のどちらかが個人開業医の場合はなおさらです。その病院を継ぐために医学部を受験する場合も多いです。
次に多い理由として勉強ができて頭が良かったから医学部を受験したというものです。特に職業への憧れなど関係なく、頭が良い=医者という発想で実際に受験して合格している受験生も多くいます。その次が自分が幼い頃に身体が弱く面倒をみてもらったことがある自分自身の体験から、その姿に憧れたというものです。自分も同じような患者を助けたい、役に立ちたいという思いから受験して医者になっている人も多くいます。